それなりに家を買うためにお金を貯めていたのですが、どういうタイミングで家を買う決断をしたのかと言うと元々を買うということ自体は決めていた部分はありました。最終的に決めたのは、本当によい物件に出会えたらとか良い住宅の発想ができて注文住宅とかでくれるという確信ができたらというようなことを考えていました。

家を買おうと考えたときにまず二つの事が自分の中で判断を迷わせることとしてありました。それが建売を買うのか、それとも注文住宅で家を買うのかということです。幸いにしてそれなりに頭金はありましたしその後の収入に関しても結構安定した職業であったので問題なくローン自体も組めそうということがありましたのでどちらにするべきかというのは本当に自分の好きな方を選ぶということができそうでした。

しかし、やはり家族と一緒に決める、ということが何よりも大事でした。そう思いましたから家族会議的なことを何回もやって決めることになりました。そんなことが色々とあったのですが最終的に買うことの決断をした理由というのは良い物件が良いものがあったからとか良い住宅の発送ができたからというのではなくて、怪我と病気でした。病気を理由に色々と立地の良いところを選ぼうということになったのです。駅から近くのところ、ということで立地をまずは何よりも大事にして、住宅を選ぶということにしました。住宅としての機能とかそういうことも重要ではあったわけですがなんといっても色々と行くところができたので、それに合わせて通いやすいところ、ということを意識して決めることになりました。これが決めるときの大きなポイントであって、決断した最大の理由となりました。ローンを組む時に少々をいろいろと大変なことがあったのですがそれでも基本的にはかなりスムーズに決めることができましたので、非常に満足いく住宅購入ということになりました。立地を重要視したのは間違いなく正解でした。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です